《真雪の過ち》

板東に誘われる真雪
板東に誘われる真雪

 真雪真雪のプロフィールは高校を卒業した後、動物飼育の専門学校に2年間通いました。この学校では、第二学年の学生全員に水族館や牧場、動物園などの施設で実施される一週間の宿泊研修に参加することが義務づけられていました。

 真雪は近郊の水族館での実習に友人のユウナやリサユウナとリサのプロフィールと共に参加します。その四日目の夜、学生たちの実習全般を取り仕切る研修主任の板東 俊介(35)板東のプロフィール)という男が真雪に声を掛け、二十歳になったお祝いに、と夕食に誘います。

 折しも恋人の龍のプロフィールと離れていることに孤独感を覚え、彼の身体の温もりを渇望していた真雪は、その誘いに乗ってしまい、食事の時に勧められたチェリーのカクテルに酔った勢いで、この板東という妻子ある男性とホテルで一夜を過ごしてしまいます。

 心までもがこの男に傾いていたわけではなかったのですが、自らの身体の熱い欲求に負け、彼女は明くる晩も宿舎で板東に抱かれます(★)

 板東はホテルでの時も、この夜の宿舎のベッドでも、真雪と繋がり合う時避妊具を使わず、あっさり自分の欲求の赴くままに彼女の中にその精を迸らせます。真雪は三日目の晩も彼に部屋に誘われますが、板東が全裸になってコトに及ぼうとした時、真雪はようやく覚醒し、彼を拒絶して自分の部屋に逃げ帰ります(Twin's Story 10 "Cherry Chocolate Time")。

 

 毎年実習のたびに、この真雪にように若い学生を手籠めにしていたこの板東俊介という男は、妻子持ちであるばかりでなく、実に職場の女性事務長とも不倫を続けており、その女癖の悪さには定評のある人物でした。真雪のこの過ちに気づいた友人のユウナは、部屋に戻ってきた真雪を叱責し、恋人龍に対するこの裏切り行為を後悔して泣き叫ぶ真雪を一晩中慰めます。そして明くる日、もう一人の友人リサと共に、この板東に天誅を下すべく動き始めるのです(外伝第1集第9話『天誅タイム』)。

 

 

★《特別企画》二日目の出来事を真雪自身が回想する『真雪の独白~二日目の夜』(文庫本換算22p)

★漫画仕立ての『真雪の過ち』があります→漫画「真雪の過ち」

 

 ちなみに、この出来事をきっかけに、真雪は最愛の恋人龍の放出する精液に強い執着を持つようになります。


『Chocolate Time』シリーズのおおまかな流れがわかる「Chocolate Time 総集編」はこちら

※この出来事による二人の『痛み』は、その後の龍と真雪の人生に度々思い出したように顔を覗かせます。

 

『Chocolate Time 名場面集 熱く抱き合う龍と真雪』も参考にどうぞ。