白いキャンバス

[1] [2] [3]


 

 不意に目を覚ました翔弥は、ホテルの大きなベッドに一人で横になっていた。

「えっ?」

 翔弥は身体を起こした。枕元に封筒が置いてあった。表書きに『宿泊代』とあの年賀状の宛名と同じ字体で書かれていた。壁の時計を見た。針は七時半を指していた。

 

「圭子さん?」翔弥は辺りを見回した。ベッドから降りて、バスルームを覗き、また言った。「圭子さん」

 圭子はもうその部屋にはいなかった。翔弥の指先に、まだあの背中の冷たさが残っている気がした。

「そうだ」翔弥はケータイを取り出し、昨日の着信履歴の番号に電話をかけた。三回半ほどの呼び出しの後、通話が繋がった。

『はい?』

 

 圭子の声ではなかった。

 

「あ、あの、圭……安達さん……ですか?」

『安達? 違います。たぶん、人違いです』相手はいらいらしたように言って通話が一方的に切られた。

「ど、どういうことだ?」

 

 翔弥は中学時代の友人に電話をかけてみた。その友人とは、ずっと会っていなかったが、年末に街角で久しぶりに会って、何とはなしに番号を登録していたのだった。

「鈴木……だよな?」

『ああ、狩野か。どうしたんだ? 連絡早いな。マメなやつ』

「鈴木、訊きたいことがあって……」

『何だよ』

「安達圭子、って知ってるだろ? 中学んときお前と同じクラスだった」

『安達? ああ。もちろん』

「彼女のケータイの番号、知ってたら教えてくれないかな」

『はあ?』鈴木は呆れたように大声を出した。『何言ってんの? お前』

 

「え?」

 

『そうか、お前知らなかったのか……』

「何を?」

『安達、去年の12月に亡くなったんだぜ』

「な、なんだって?!」

『お前には連絡いかなかったんだな……。突然、くも膜下出血だったらしい』

「じょ、冗談やめろよ……」翔弥は力なく言った。

『こんなこと冗談で言えるか。そうそう、お前も絵の勉強してたからわかるだろうが、俺たち、初七日であいつの家、訪ねたら、でっかいフスマみたいなキャンバスが祭壇の横に置いてあってさ』

「キャ、キャンバス?」

『あいつの兄ちゃん、言ってた。これに思い切り描くのが圭子の夢だったって』

「夢……だった……」

『真っ白いままだった……。あいつ、夢、果たせずに逝っちまったよ……』

 

 

 その後の鈴木との電話での会話は、翔弥には記憶がない。

 

 翔弥はホテルの黒いフィルムが全面に貼られた自動ドアの前に立った。そのドアが開いたとたん、出し抜けに広がった白い世界に彼は思わず目を閉じた。

 翔弥はもう一度ゆっくりと目を開けた。「夜の間に降ったのか……」

 そこは白い空間に変わっていた。

 

 広がった青空の下、彼はとぼとぼと家路についた。車が走る道路はすでに雪も解けて、黒く濡れたアスファルトが朝日を反射して輝いた。陽は差しているが寒い朝だった。彼は思わず襟を立てて首を縮めた。

 

 小学校の近くの公園入り口で、彼は立ち止まった。

 

 その公園には誰もいなかった。

 

 翔弥はそこに足を踏み入れた。夜の間に降り積もった、誰にも穢されていない真っ白な雪の地面が一面に広がっていた。彼はそこに一歩ずつ、ゆっくりと自分の足跡を残していった。

 

 翔弥はベンチに積もった雪を払いのけて腰を下ろした。ベンチはひどく冷たかった。

 

 彼はそのベンチに残った雪に両手をそっと押しつけた。ふわりとした感触でも、手のひらが痺れてしまうほどに冷たかった。

 

 翔弥はそのままじっとしていた。喉元に大きく熱い塊が上がってきた。彼は苦しくなって、口を大きく開き、焦って息をした。刺すような冷たい空気が肺の中に流れ込んだ。

 

 翔弥はよろめきながら立ち上がった。そしてそこにたたずんだまま、真っ白な雪の中を公園入り口から続く自分の足跡を目でたどった。彼が今立っている足下に目を向けたとたん、涙が堰を切ったように溢れ始めた。それはどうしようもなく溢れ続けた。

「圭子、どうして僕に……、会いに来たんだ……」翔弥は震える声で小さく口にした。

 

 翔弥はずっとうつむいて肩を震わせていた。涙がぽたぽたと地面に落ちて、彼の足下の雪をドット模様に解かしていく。解けた雪の下の茶色に枯れた芝の中に、控えめな薄いピンク色をした小さな小さな花が咲いているのが見えた。翔弥は思わず顔を上げ、眩しく輝いている空を仰いだ。

 

 眩しすぎて、彼はもう目を開けていられなかった。

 

――the End

 

2013,1,13脱稿(2014,1,31改訂)

 

※本作品の著作権はS.Simpsonにあります。無断での転載、転用、複製を固く禁止します。

※Copyright © Secret Simpson 2013-2014 all rights reserved