Twin's Story 10 "Cherry Chocolate Time" 人物紹介

1.チェリー2.実習3.浄化4.約束人物紹介

 左:シンプソン真雪(19歳~20歳)

 右:海棠 龍(15歳~16歳)

 真雪は高校を卒業した後、動物飼育の専門学校に通い始めて二年目。龍は高校に入学したばかりの1年生。高校では珍しい写真部に入って、得意のカメラの腕に磨きをかけている。

 二人は二年前の夏から恋人同士となり、ずっとアツアツの関係をキープしてきた。元々いとこ同士なので、特に真雪は龍が生まれた時からずっと可愛がってやっている。お互いにかなり早くから意識し合っていたが、中二になって龍が一気に逞しい身体に成長したのをきっかけに、真雪の方から龍に告白した。

 左:ケネス・シンプソン(40歳)

 右:シンプソン・マユミ(39歳~40歳)

 真雪の両親。マユミは高二の時に、双子の兄ケンジと深い仲になってしまい、19歳になるまでずっと恋人同士だった。兄妹で結婚ができないと悩み、兄妹の高校時代からの親友ケネスと結婚、20歳になってすぐ、真雪と健太郎の双子をもうけた。

 ケネスは家業チョコレートハウス『Simpson's Chocolate House』を継いで二代目店主となっている。父親はカナダ人のアルバート、母親は大阪人のシヅ子。見た目は外国人だが、大阪弁でしかしゃべらない。


 左:海棠ケンジ(39歳~40歳)

 右:海棠ミカ(42歳)

 龍の両親。ケンジは19歳で悩み抜いてマユミと別れた後、大学の水泳サークルの先輩だったミカに親身にされるうち、心が傾いていった。大学卒業と同時に二人は結婚。現在はケンジの地元でスイミングスクールを経営している。一人息子の龍は、大胆な考え方と行動が母親ミカによく似ていて、父親ケンジはそんな龍の言動に頻繁に驚かされたり呆れたりする。もっとも一番大胆なのは妻のミカで、義理の弟のケネスを誘惑したり、その息子の健太郎(真雪の双子の兄)の初体験を済ませてやったりして、やっぱりケンジをあたふたさせている。

 左:月影春菜(20歳)

 右:日向夏輝(20歳)

 二人とも真雪の親友。真雪と夏輝とは中学時代から、春菜は高校に入ってからのつき合い。春菜はデザイン、インテリアの専門学校に通い始めて二年目。夏輝は高卒後警察官採用試験に合格し、現在『採用時教養期間』を過ごしている。

 春菜は真雪の兄健太郎の恋人で、ピンクのメイド服がよく似合う。近視なので眼鏡をいつも掛けているが、恋人の健太郎がその眼鏡顔が大のお気に入りであるため、コンタクトレンズ使用を躊躇している。ちなみに小さめのバストにコンプレックスを抱いている。

 夏輝は中学時代から健太郎の親友だった天道修平と恋人同士。この二人はどちらも跳ねっ返りで短気で、口も悪くがさつで突っ走り易いので、周囲からは、この二人、恋人同士になるべくしてなった、超お似合いのカップルだといつも言われている。が、本人たちは、会えばまず口げんかから始めるという、はた迷惑な行動で周囲に気を遣わせていることに気づいていない。