2012年5月、ブログ開設一周年を記念して書き始めた小説「Chocolate Time」シリーズの完結編です。第1期の5話、番外編1話、そして今回最後のエピソードを含む第2期の5話。

 思えば、当初の主人公ケンジとマユミが高校二年生だった頃から続いてきたこの物語も、彼らの子どもの世代まで拡がり、エンディングではケンジもマユミも46歳に。

 最終話は彼らの子どもたちの結婚披露宴がメインのエピソード。それぞれが素敵な伴侶と共に幸せな日々を過ごしていくことを余韻として残しながら幕引きです。披露宴は2月14日。そう、チョコレートの日、バレンタインデー。最後の小説の発表日もこれに合わせました。高校二年生のケンジ、マユミからお付き合い頂いている読者の皆さま、心より感謝します。

Twin's Story 11 "Sweet Chocolate Time"(final story)

 それぞれの想いを育み合ったケンジとマユミ。二人が選んだそれぞれの伴侶ミカとケネス。彼らの子どもたちも立派に成長して、その心と身体を癒し合えるパートナーを得た。バレンタインデーに合わせて盛大に開催された二組同時の結婚披露宴。そして恋人たちはそれぞれの人生を歩み始める。

 

 

登場人物紹介→