!!WARNING!! アダルト・サイトです。18歳未満の方はもちろん、性的な文章表現や画に嫌悪感を抱かれる方の閲覧はご遠慮下さい。

メインディッシュ「Chocolate Time」シリーズ

★本編11作と総集編、外伝、名場面集、その他関連コンテンツがいっぱいあります★

↓詳しくはこのチョコレート型ロゴをクリック↓

《最新作》~2017,12,6公開~

外伝第3集第6話『そば屋でカレーはアリですか?』
外伝第3集第6話『そば屋でカレーはアリですか?』

 

 
 ★新着のお知らせ -リスト表示-

★気まぐれピックアップ★

Twin's Story Chocolate Time 外伝

第2集 第2話『濃厚接触タイム』

外伝 第2集第2話『濃厚接触タイム』
外伝 第2集第2話『濃厚接触タイム』

 ――仕事で某酪農研究所に来ていた真雪に、恋人の龍が倒れたという知らせが入った。真雪は大急ぎで海棠家を目指した。

 

 愛しい龍が風邪で寝込んでしまい、恋人の真雪は心配で心配でたまりません。


◆◆◆Simpsonのつぶやき◆◆◆

▼2018,4,5 Thu. スランプ。文章が思うように書けません~(T.T)

▼2018,3,16 Fri. 日本の3月は何かと慌ただしくて落ち着きません。年度が替わるから別れの切なさと春の喜びがない交ぜになって気分も何か落ち着きません。

▼2018,2,24 Sat. 今年になって一番の暖かさ。そしてヒバリの声を聴きました。春はすぐそこです。

▼2018,2,8 Thu. 立春が過ぎたというのにここ数日凍えるような寒さが続きました。でも日は確実に長くなっていて、春の訪れを感じます。寒いと創作意欲が落ちるのが難点のSimpsonです(笑)

▼2018,1,20 Sat. 今日は穏やかで暖かい一日でした。つい「小春日和」だなあ、と言ってしまいそうになりますが、今は一月なので使えない言葉だそうです。『小春』が旧暦の10月を表すので、晩秋から初冬にかけての間でしかこの言葉は使えず、年が明けた今頃は「冬日和」と表現するそうです。

▼2018,1,4 Thu. 明けました。おめでとうございますm(_ _)m。本年も自己満足に浸りつつ、《Chocolate Time》の世界を拡張していきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

▼2017,12,31 Sun. 今年一年、このサイトを訪問された皆さん、そしてChocolate Time のキャラクターを愛して下さる方々、心より感謝を申し上げます。

▼2017,12,9 Sat. ようやく新しい小説をアップしました(「そば屋でカレーはアリですか?」)。のほほんとしたタイトルですが、アダルト系です。このタイトルというシロモノ、なかなか侮れません。訪問者の方々はまずこのタイトルを見て、自分の好みかどうか、内容はどんな感じなのかを判断されるからです。実際以前の作品では「夫婦交換タイム」「避妊具タイム」「アダルトビデオの向こう側」「交尾タイム」などのそそられるコトバが含まれる作品はよく読まれ、「雨が雪に変わる夜に」「雨の歌」なんていうタイトルの作品はあまり読まれてません。ですから今回の「そば屋で――」もそういう運命をたどるのでしょうね(笑)

▼2017,12,2 Sat. 新しい小説を書いて、推敲を重ねると、ずっと推敲している自分に気づきます。満足のいく仕上がりなど永遠に来ない気がします(T.T)

▼2017,11,13 Mon. 小説「Chocolate Time」シリーズはほぼ例外なくハッピーエンドの恋愛小説。そこに登場するカップルを特集したページがあります。→登場人物プロフィール《カップル図鑑》

▼2017,10,18 Wed. 若き日の僕の苦い体験を元にした漫画を描きました。当時つき合っていた彼女が職場の上司に寝取られたのです。半分はフィクションですが、いまだにそのことを思い出すと胸が苦しくなります。 →漫画「遠い過ち」

▼2017,10,4 Wed. 今日は十五夜。夏目漱石が、英語の「I love you.」を生徒が訳した「我君を愛す」に対して、日本人の美徳に反する。「月が綺麗ですね」とでもしておきなさい、という逸話。僕はとても好きです。今でも小説やドラマで「愛してる」という言葉を見たり聞いたりしても、なんか嘘っぽさを感じるんです。あざといというか、何か企みがあるというか……。僕は自分の書く物語の中で、この「愛してる」は滅多なことでは使えないと思っています。

▼2017,10,3 Tue. 秋めいてきました。季節に合う日本語。『秋めく』とは言っても『夏めく』とはあまり言わない。同じように『春たけなわ』『夏真っ盛り』なども他の季節では違和感がある。日本語は深く面白い。

▼2017,9,17 Sun. 僕が挿絵やイラストを描く時に使う道具についてご紹介するページを作りました(エッセイ「イラスト⑤道具」)自己流ながら今までああでもないこうでもないと試行錯誤してたどり着いた画の描き方をサポートしている愛用の道具たちです。何かのご参考になれば。

▼2017,9,3 Sun. ちゃんと生きています(笑)。めっきり涼しくなってきました。さて、今の所一番新しい小説「デザートは甘いリンゴで」を外の小説投稿サイトで公開したところ、ある女性(もちろん匿名)から「こんな倫理観のない主人公はけしからん」みたいなご感想を頂き、笑ってしまいました。倫理観も何も、これってアダルト小説ですから。そんなこと言ってたら、無数に公開されているレイプ物とか緊縛モノとか輪姦モノなんかどう評価するんでしょう。

▼2017,8,22 Tue. 滞ってました(#^_^#)。夏の終わりの憂鬱を感じつつ、新たな寝取られ話を構想中のSimpsonです(笑)

▼2017,7,16 Sun. 僕自身が寝取られ話に萌えるタチなので、今回の「修平寝取られ三部作」は勢いに乗って描き上げました(笑)。

▼2017,7,6 Thu. 「大人の夜の紙芝居~イラスト・ストーリー~」は、文章ではなくイラストで物語を紡ぐというコンテンツ。究極は文字なしでの表現。初めてそれに挑戦してみました(→こちら)。表情、仕草、流れでどれだけ伝えられるかということを追求したいです。

▼2017,7,1 Sat. 仕事中に今年初めて蝉の声を聞きました。折しも梅雨の合間の熱い日差しが降り注ぐ一日。ただ子供の頃はニイニイゼミから始まってアブラゼミ、盛夏になってクマゼミという段階を踏んだものですが、最近はいきなりクマゼミからスタート。もはや熊本は亜熱帯かも知れません。

▼2017,6,25 Sun. 物語の中で雨というファクターが重要な働きをすることがあります。登場人物のもやもやした気分や気の晴れない様子を演出してくれるわけです。僕の作品ではそのものずばりの《雨の物語集》があります。また、中学生の龍が理科教師からレイプされる場面でも激しい雨が降っていました(本編第7話『Milk Chocolate Time』)。しかし、その雨をポジティブな要素として使う話は書けないもんかな、とどんよりした梅雨空を見上げて思うこともあります。

▼2017,6,11 Sun. 梅雨入りしました。でもこういう『雨期』は瑞穂の国、日本には必要ですね。さて僕は二次創作には否定的です。マニア同士の自己満足や楽屋落ちに終始する危険性があるからです。でも、オリジナルに拘ってもそうなる可能性は多分にあって、そこんとこは気をつけないといけません。『Chocolate Time』の世界もできるだけオープンに、一見さんにもすんなり入り込めるような手立てをとっているつもりです。関連コンテンツをいろいろ取りそろえていますので、時間がある時にそちらも覗いてみて下さいね。▼年表 ▼登場人物プロフィール ▼基礎知識 etc.

▼2017,5,28 Sun. ようやく完成しました。今回は推敲にえらく時間がかかってしまいました。どうか読んでやってくださいまし(m_ _m)。外伝第3集第5話『デザートは甘いリンゴで』。

▼2017,5,14 Sun. 久々にちゃんとした形のお話ができあがりつつあります。もうすぐ公開できそうです。外伝第3集第5話。外伝の第3集はどれも比較的長い物語なのですが、今回も70000文字を超えてしまいました(T.T)。どんな話かというと、正当化された合法的な不倫の話です。なかなかおもしろそうでしょ? お楽しみに。

▼2017,4,21 Fri. エッセイ集に「ジェンダーとセックス」を追加しました。

▼2017,4,8 Sat. 雨続きです。せっかく桜が咲いたのに……。

▼2017,4,1 Sat. 九州は暖かいのに、まだサクラが満開になっていません(T.T)。3月の末に寒くなったからで、こうなったら入学式まで待って欲しいと思うのはあまりにわがままでしょうかねえ(笑)。

▼2017,3,21 Tue. 九州は暖かいので、サクラが満開になるのは3月中。入学式の頃には拝めません(T.T)。そう言えば僕の書くお話の中に桜は登場しないですねえ。サクランボは出てきますけど(笑)→サクランボが大好物なのはです(チェリーが登場する話は本編第8話『Marron Chocolate Time』と第10話『Cherry Chocolate Time』)。

▼2017,3,13 Mon. この「jimdo」のホームページシステムのblog機能、使い始めたものの、あまりメリットもないし、なんかコメントを無理に貰おうとしているようであざとさすら感じるので近況をこうして呟くことにしました。

★お問い合わせ、ご質問等はプロフィールページのメール・フォームから

Cool Text: ロゴ及び画像ジェネレーター

このホームページ内の各種ロゴは「Cool Text ロゴ及び画像ジェネレーター」によって作られています